テーマ:軟式写真

E-M10復活

以前修理に出して…… っていう記事をかいたE-M10 液晶に縦に黒い線が入ってしまった コンビニの駐車場でデイパックをトンとおろしたときに ガチっとやな音がして 修理代が20000円以上で修理断念したのだけれど ふだん気になる風景に出会ったときにオートでパシャ っていうのには…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

撮り鉄への途・1

撮るものがない 家族旅行もしなくなり コロナ禍 佳耀亭さんの閉店 外食の機会も大幅に減った 街頭スナップは今どきやりにくい ならば風景や花をとってるしかないじゃないか…… 結局、いつもの構図で、いつものパースで、いつもの露出で…… つまらぬ と、考えてたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写欲

だんだん暖かくなってくる気配 写欲が湧く 痛いほどの突き上げを感じる ラウンド欲はそれほどでもない 今期はミラー付一眼で始めてみよう
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キャキャキャの弐

キャノンのコンデジがきた やはりもの足りない われら軟式アマチュアフォトグラファーにとって 写真とはカメラをいじること より楽しくいじるのが軟式アマチュアフォトグラファー, メンドクサイので以下NAPと略す, の醍醐味である なのでどんなにこのG9XMk2が優秀であろうと一眼レフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャキャキャ……

キャノンのカメラ買っちまった…… 物欲おさえてきたのに…… 金欲,権力欲,出世欲,名誉欲などなど きほんそんなものは持ち合わせてはいない 最近は美味しいものを食べたり,美味しいお酒を飲んだり欲もコントロールできてきた 千尋の両親のような豚にはならないで済みそうだ 知りたい学びたいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録として

いまだ寒さが堪えるこの季節 なぜ桜かというと 以前も記事にした 西行法師の歌 ねがわくば 花のもとで 春死なむ その如月の望月のころ この歌の意は既述 ただこの歌が湛える春の風景は けっして今の桜 つまりソメイヨシノではない 淡く ひかえめに花ほころぶ 梅に通じる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るいレンズは良いレンズ

明るいレンズは良いレンズ そうなんだけど 開放で撮ることってそんなにない …… 友人たちとの宴会 家族旅行の宿でのワンシーン 暗いレンズにはつらい状況 絞り開放でISOやシャッタースピードを稼ぐのかというと 実は全くそうでもない ちょっと画質は落ちるかもしれないけれど きちんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあどうするね

冷静に言って 報道写真や商業写真レベルでも MFTの画質は十分に耐用性がある 否という意見もわかるが 本当に高精細が求められる 究極のレベルにおいてであろう ま,長年の信頼性という点で NやCのフルサイズ一眼が選ばれるというのもわかる しかしアウトプットされた画像を見ても 受け手であるぼくらにはわからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しっかり写真を撮りましょう

またも肩痛がぶり返す ゴルフ復活の日は遠い 立春も過ぎ,もうすぐ春だというのに …… 運動不足解消は寒い山には行かずにお散歩 お散歩だけだとつまらないのでカメラを連れていく お散歩が主でカメラが従 なので慌ただしく道端の花や神社,公園のスナップがほとんど あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年8月23日

とうとうその日が来るようだ 今年の8月23日 歴史に刻まれる日になるだろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内藤正敏先生展

「絶対行ったほうがいい レッドアローでの元帥失キング の野太い声に背中を押され 16日はのんびりしようかな と思っていた総務だが 東京都写真美術館 行ってきました …… 朝6時半に目をさまし 昨日の汗で重くなったよごれものを洗濯機へ その間に朝食を済ませ ベランダに洗い上がったシャツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北東北のエネルギー

7月16日は 東京都写真美術館で開催されている 「内藤正敏 異界出現」展 の最終日である 改修後はじめての同館訪問を計画している 内藤先生のエネルギッシュな仕事ぶり そして作風 その根源は北に住まうぼくらの仲間の 過酷な運命と それに堪えてきた生物学的なエネルギーにある 内藤先生の写真家として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色温度

カメラのホワイトバランス 色温度設定を3000Kにすると カメラは3000Kの光を “白”と認識する気持ちになってます 3000Kは電球の 昭和の居酒屋の黄色っぽい光ですから カメラは青っぽく補正してくれます 逆に日蔭の青っぽい光 7500Kに設定すると 温かみのある色合いに補正して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開放絞り

楽しい楽しい友人たちとの宴会 せせこましい自称“個室”での それを記録するために 開放f/2.0の24mmをつけていく プログラム・オートでパシャパシャ撮っていると 絞り開放になっていることも多く プリントアウトした画では 三人中二人がボケボケだ はたまた綺麗に盛られた ふぐ刺し カメラ野郎と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真に求められるもの

小説に求められるものは 幸せな読書時間 ストーリーやらプロットやら 価値観やら思想やら なんて関係ない 読んでいて満たされるかどうかが大切 写真もいっしょ ただぼくたち甘トロ軟式写真好き にとっては事情が違う いちばん大切なのは 撮る行為 カメラを所有し それを使って写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある写真のレッスンブックから

写真の カメラの 解説書の作例のほとんど全ては 解説のための作品が列挙されていることが多い 解説の通りシャープで 解説の通りなめらかで 解説の通りボケており 解説の通りしっかりした構図の 解説の通り印象深い写真たち しかしそれらは“作品”ではない 凡庸な写真なのである …… 今回 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいレンズ

明るい単焦点を手に入れた まずは使ってみよう 撮ってみよう 自由に 気ままに 取り回しはどうだろう 合焦の仕方,速さはどうだろう 出てくる絵はどうだろう ひととおりのウォーミングアップが終わると そのレンズを使うリズムが身についてくる じっくり腰をすえて撮るタイプか ぱぱっと光速スナップが似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m4/3のメリット

軽いこと 値段の割りに高画質なこと ……なんかではない カメラ本体も安価 そして これまた安いレンズがたくさんあること デメリットはほとんどないが 持っていても周りの人のプライドを傷つけない 穏やかで控えめなm4/3 その辺のカメラ好きの複雑な心理がデメリットかも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルサイズのメリット

フルサイズセンサーのカメラ いちばんのメリットは 高画質に 高感度耐性の高さ ……なんかではまったくなく 良いレンズがたくさんあること サードパーティも含めて これに尽きる デメリットは高額なこと メルセデスやBMWにお金を出す気がないのと同じ あと重いのが多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『OM-D E-M10 Mark III』と『D850』

OLYMPUS OM-Dのボトムエンドがモデルチェンジ E-M5のMarkIIのほうがデビューは早かったんだけど アタシのは初代 それでも四切りやフォトブックレベルでは m4/3らしい素敵な画質が愉しめる きっともっと引き伸ばしても きちんと撮れていれば 大きなカメラでの作品との差はわからないと思う …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【感謝】灘の生一本【感激】

本日午後より総務の事業所はお盆休み 疲労困憊 仕事を終えて「中京対鹿実」の熱戦を, 両校均等にダラダラと応援していたら…… あれ まあ 元気のみなもと くそ熱い夏を忘れさせてくれるようなご進物 元帥師匠,どうもありがとう 晩酌に一杯やって生き返ったよ 明日からお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は楽しい外勤日

いつでもどこでもレンジに行けるように クルマにクラブを積んだまま こんなにいい天気なんだけどなぁ …… 今日は午後から外勤 ブルーのインプレッサは一路南へ 汗と埃と油にまみれつつ, ひたすら仕事をこなします 二件の外回りを終え, 疲れて練習どころではないのであった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンズの性能ってなんだろか?

キットレンズ。 取り回しの良い単焦点・パンケーキのこともあるけれど, ほとんどが35mm換算で24-100mm程度のズーム。 お求めやすい価格相応の仕上げでf値も3.5程度からとあまり明るくない。 だからか電子掲示板での評判もちょっとあれだし, すぐに別のに交換,という末路をたどることも。 2台目以降のカメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望遠レンズ

一眼レフを所有すること すなわち 望遠レンズを手に入れること そう思っていた時代がある 山に登っていたころ 結局ミノルタの一眼には 標準レンズしかつけられなかった 二本目のレンズは望遠 そう思っている人も多いのでは でも実際に使うと広角のほうが重宝する これはきっと山でもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしさって何だろう

土曜日 午前の仕事のあと 残務を急いで片付けて とあるジャンルのお勉強会に 4時間の講習を終えて もはや青息吐息 キンキンに冷えたハイボールを思いながら 荷物をまとめていると…… 「総務くん 「あれ?これはこれはMくんじゃ! 元帥師匠と共通の友 10年ぶり 不思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more