テーマ:軟式宗教

今年の目標

今年の目標のひとつ 鎌倉仏教・思想を理解する 知識欲に塗れたひとは醜い みたいなことを書いたように記憶している たしかに醜い けれども還暦を過ぎると残された時間が気になる 知りたいということではなく きちんと死ぬための準備である まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神の古層

たとえばあの 過酷なカナンの地で培われた ユダヤの思想,宗教 精神の古層は風土に通じるのではないか ぼくたちの精神を深く掘り下げることで 見つかる古代があるのではないか …… 昇る朝日に向かって 一日をはじめるとき そう思わせる何かがある そこには …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたすら善なるものを求めて

それではどう生きるべきなのか どう生きれば安らぎが得られるのだろうか 自らの愚かさを受け入れ “知”は求めても求めても 決して得られぬものとして受け入れ そして他者の愚かさをも受け入れ ひたすら神のまえでの 平等な己としての無力な存在を受け入れ 生きていくのである 死んでいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この浅ましさに…

世のなか なべて 浅ましいのが 欲 そして 究極の浅ましい欲は“知識欲” 「知りたい 「解りたい “知的興味”というと聞こえはいいが アダムとイブの林檎のたとえもある およそ“知”ほど罪深い業はない 還暦を前にして そう思う 想う おもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more