テーマ:軟式

残り何ヤード...(・・?

500Yを超えるパー5のホール。 総務たち軟式甘トロゴルファーが行くコースにも、たまにそんなホールがあります。 結構、フェアウェイが広くて、快心のドライバーショットがでたりします。 ああ気持ちいい、何て素敵な瞬間なんでしょう。 総務はフェアウェイの真ん中で周りを見渡して、幸せな気分に浸ります。 ゴルフの醍醐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ的民俗学 -1- 霊障

ゴルフにおける霊障(霊的障害)の数々。 ふだんから霊的なものに敏感なゴルファー、もしくはキャリアの長いゴルファーなら誰しも経験したり、見聞きしたことがあると思います。 当ブログでは随時、そうしたゴルフの心霊現象に関して話題を取り上げていこうと思います。 今回は取り上げていくという意気込みの表明だけです。 悪しから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捻挫(仮称)氏だより -1-

横師匠杯結果を見た捻挫(仮称)氏から便りがありました。 氏は仕事の関係で今年はあまりラウンドに参加頂けないまま、転勤。 送別会もできずじまい。 なので、皆さん懐かしいんじゃないかと思います。 総務への私信ですが、捻挫(仮称)氏もここに転載することをお許しいただけると思います。固有名詞など一部改変して掲げます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ用語集 -1- オニョー; honyo

ゴルフ界には、沢山のゴルフ用語があります。 一般人にもわかるものからゴルフ界の住人でないと理解できないものまでさまざまです。 テニスや野球でどうなのかわかりませんが、軟式ゴルフには軟式ゴルフ固有の用語があります。 このブログでは時々、そうした軟式ゴルフ用語を不定期で掲載していこうと考えています。そして今日はその第一弾。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ的クルマ選び - DA インテグラ G's Express 6 -

ホンダ・インテグラ(DA)・ZXエクストラ。 総務が7、8年前に中古で買って約2年半乗ったクルマです。クイントからは3代目。インテグラとしては2代目で、インテグラ単独名としては初代です。 確か7年落ちの走行距離6万キロくらいで納車され、引き取られていったときが15万キロ弱。その頃は今以上に長距離を運転してましたので、オドメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ的クルマ選び - ゴルファーズ・エクスプレス 5 -

あのインター出口の右折レーンにいたクルマたちを思い浮かべてみます。 半分くらいのクルマにはバッグが4つ載るんじゃないでしょうか。 「ゴルフに行くのに"相応しい"」というのがどういうのかははっきりしませんが、何となく相応しそうなクルマたちではあります。 ま、こっちの臨海工業地帯レーンのクルマはバッグを何百個も載せられるヤ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【緊急】師匠杯・軍備拡張路線に歯止めかからず...

師匠杯随一の『長い腕』を有する事務局情報部の総務氏が、水面下で進む軍備拡張情報をもとに憂慮の声をあげている。 6月27日早朝、総務氏のもとに一つの情報が入った。通常は情報を受信しない時間帯でもあり、情報部には緊張が走った。 氏によれば、師匠杯メンバーの一人が、過激な軍拡に走っているという。具体的にはフェアウェイウッド×1、ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ的クルマ選び - ゴルファーズ・エクスプレス 2 -

とある土曜日の右折車線にいならぶ華麗なるゴルファーズ・エクスプレスたち。このブログのネタに車名をチェックしてきました。 思い出すままに書き連ねてみます。 グレードやなんかは詳しくないのでごめんなさい。 クラウン;2。マークX;1。マーク2;1、以上トヨタ車は全部白。セドリック or グロリア;1(緑っぽい)、ステージア;1(黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ的クルマ選び - ゴルファーズ・エクスプレス 1 -

総務の勤務先は、東京近郊。 高速道路を30分使って、door to doorでトータル1時間くらいの通勤時間です。 高速を降りるのは田舎の3ケタ国道につながるインターです。その国道にインターからの道は直交、つまりT字路で交差します。 左は臨海工業地帯へ向かう道で、右は内陸へ。小さな街をじゅず繋ぎにしている国道なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスタムフィッティング報告 -5- ウォーミングアップ

さて、いよいよフィッティングの始まりです。 時計をはずし、帽子を取って、シューズをはきかえ、グローブをはめて...「えっと、何から始めればよろしいでしょうか...?」 「んじゃ、まず少し、ウォーミングアップしてみてください」 総務はふだんレンジではウォーミングアップなんてしないので、どんな風にやっていいのかわかりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ試打会 カスタムフィッティング報告・番外編

総務は極度のあがり性。 試打会なんかだと、緊張する上にどんなスタンスで臨んだら良いのかわからないんです。こういうとき、つまり人前でスイングやヘッドスピードを『観て』『診て』もうらうとき、総務はどの程度の力感というか、意気込みで打っていいのかわかりません。普通に打てばいいのにね...。 だいたい総務はそういうとき冷静な自分を演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスタムフィッティング報告 -4- フィッティングの受付

お店に着くと、店員さんはみなさんご接客中。だれか総務を見てくれないかと視線をさまよわせますが、この怪しいなりの人物を敬遠しているのか、だれも傍へ来てくれません。仕方なく奥のカウンターへ行って待っていました。 ほどなくフィッターの方にいらしていただきホッとした総務ですが、もう一つ気になっていたことが...。実は以前、他社のフィッティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフ公認球とサッポロ一番

総務はインスタントラーメンが大好きです。カップめんも嫌いではありませんが、自宅で食べるなら断然袋めん派。ま、めん類全般が好きなので、何でも構わないんですけどね。 家族が出かけたあとの日曜日。お昼は何食べようかな?と、棚を探してみると奥の方でちょっとくしゃくしゃになったサッポロ一番なんてのが見つかったりします。冷蔵庫の野菜を適当に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフボールの定義...?

これまでいろいろクラブを変えてきた総務ですが、一貫していることがただひとつあります。それは9番アイアンのロフトが44か45度じゃないと使えない、ということ。これ以上のロフトもこれ以下のロフトもありません。実は流行りのストロング系アイアンも2セットほど手にした経験はあるのですが、距離感が合わずすぐに手放してしまいました。9番で155Yも飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、準硬式ってのがあったんだった...(-。-;)

軟式スポーツを概観してヤレヤレと思っていた矢先、「あ、そういえば準硬式ってのがあったんだっけ?」と思い出してしまいました。 総務が通った学校には準硬式野球部があって、そうとう前時代的なクラブ活動をなさってました。 ここで、『面倒くさいときの"Wikipedia"』でちょっと調べてみると、準硬式は硬式よりお手軽に、でも硬式に近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフボール・序章

軟式ゴルフだから柔らかいボールを使う、というのが間違いなのは、これまでこのブログの記事をお読みになっていただいた方にはご理解いただけると思います。 まずはズバッと各メンバーのエースボールを見てみましょう。 菜館氏;Titleist DT soloとかNXTとか元帥氏;レイグランデミラクルディスタンス捻挫(仮称)氏;全くこだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくらのゴルフ...、軟式だぁ...。

「軟式ゴルファーは、ゴルフ及びゴルフにまつわる諸相において、常には自己肯定的に考えることができない」 というのが、ぼくたちが『軟式』であることの本質ではないか?と総務は考えます。 言い換えると「ラウンド、練習、クラブ、コース、クラブハウス...、ゴルフを成立させるために必要なありとあらゆる事象に対して、軟式ゴルファーは僅かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくらのゴルフ...、ドタバタ、アタフタ...。

捻挫(仮称)氏の転勤話で一時期自暴自棄になりかけた総務でしたが、氏の転勤先への遠征を考えると、ちょっと気持ちが上向いてきました。 ...つーことで、軟式の項を続けます。 師匠杯メンバーのスコアはだいたい100前後。良ければ80台も出ますが、すぐに110近くを叩いてしまうことも。 各氏とラウンドすると、「ホントに今日は調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

...で、軟式ゴルフって...?

そして軟式ゴルフである。 卓球は例外ではあったが、野球もテニスも「手軽に」「親しみやすく」という理由で分家ができた。そして手軽に親しみやすいことのひとつの要件として「本家より柔らかいボールを用いること」があったのです。 ですから、おそらく分家側が「軟式」名のり始め、続いてよりはっきりと区別するために本家側に「硬式」という呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフって.../その3/テニスと野球

テニスと野球の軟式/硬式もちょっと調べてみました。 あ、テニスでは最近は軟式とは呼びません。ソフトテニスだそうです。 で、その発祥は明治・大正期にさかのぼることができます。歴史あるスポーツな訳です。そして両者とも日本で始められたものです。 ご本家が、その頃は『軟式』はまだなかったわけですから『硬式』という概念もなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフって.../その2/軟式卓球

実際にスポーツの世界で軟式/硬式を調べてみると、野球とテニスが有名のようですね。 けれども、卓球にも軟式卓球というのがあったようです。総務も卓球の軟球と硬球の存在は知ってましたが、正式に軟式卓球として認知されたものがあったのは知りませんでした。 簡単に説明すると日本で昔から作っていたボールを使うのが軟式で、世界基準のボールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟式ゴルフって.../その1

総務に軟式/硬式という考えの萌芽をみたのは小学校低学年の頃でした。 神社の境内で、博学そうなおじさんが「ものごとには全て陰と陽があり...」「...どんなに人間が頑張っても、自然のそうしたことわりやさだめには逆らえず...」「...だから上手に生きるために、この運勢判断の本を買いましょう...」なんて講義をしてくれました。総務はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more