日本は第二のスウェーデン

これは政権サイド, 口が裂けても言えないだろうけど 絶対日本を第二のスウェーデンにするつもり 適当に丸めこめる御用学者に適当なこと言わせといて GoToはしんねり続けながら 感染拡大を目論んでいる 「どうせ欧米ほどの重症化率にはなりようないんだからそれでいいんですよ 無責任でギャンブ…
コメント:0

続きを読むread more

そろそろピークか

そろそろピークか とくに東京は…… といわれて久しいがダラダラしている も,ちょっとメリハリつけば早く終息しそうなんだけどな この場合,地方都市はどうなるんだろう 第二,第三の東京として感染拡大を経験するのか 接触密度の低い社会では散発的にクラスター発生するのみで …
コメント:0

続きを読むread more

力を抜いて

もう何百,千と書いてきた書類 おちついてのんびり書けばいいのに なぜか力が入る 早く,きちんと…… なぜか 天性の格闘家か競走馬か 性格だとしたらとてもいやだ ここ数年ゴルフの上達欲とか スコアアップ欲とかなくなって みんなと回れる…
コメント:0

続きを読むread more

忘年ラウンド・COVID-19禍にあたって

最近,このブログにかいていない 人には書きたい欲というのがあるらしい 若いころはもっといろいろかいていたが良く覚えていない 最近はツイッターなるものに勝手に書き込んで”かき”欲を満たしているので, こちらが疎かになっている といっても誰も読んでいないだろうこのブログに書く意義は やはり節目節目の想い思…
コメント:0

続きを読むread more

2020 師匠杯

今日は皆さま師匠杯お疲れでした COVID-19禍、初のラウンド 前夜祭の鳥千さんに 打ち上げの西空緋さん すべてが夢のようで 楽しかったすな 総務は忘れないよ 12月の忘年黄染みも待ち遠しいです …… さて、ショットの上達のヒント ラウンド中にふと…
コメント:0

続きを読むread more

やはり今年も秋はきた

なぜか春より夏休みより ああ今年も秋はきたのだな,と思う 感慨深い それほど今日,九月一日は涼しい朝で迎えた 思えば立秋のころ 猛暑ではあったが もはや空の高さと風の冷たさは秋を思わせた 「秋きぬと めにはさやかに 見えねども 風のおとにぞ おどろかれぬる」(古今集,169) …
コメント:0

続きを読むread more

宮崎駿さん

プラトンは生まれたときからプラトンではない アリストテレスしかり カントだって ハイデッガーだって フーコーだって って フーコーはなんか違う気もするけど …… その第一歩を描くのが 宮崎駿である 人生のどこかで飛び立つ第一歩 …
コメント:0

続きを読むread more

芸術ってすごいな

220年近く前のピアノソナタ 20年以上前のウィーンでの録音 それをやはり20年以上聴き続けて 今でも感動して癒されて ベートヴェン 最高 繊細 大胆 奔放 言語に変換不可能だ …
コメント:0

続きを読むread more

ヴァルトシュタイン

ずっとずっと いまでも ブラームスが好きで ピアノだったらショパンで ピアノが弾けたらな って でも いまは ベートヴェン 暑苦しいのも耐えられるようになってきた
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ

黄染みも流れた ……って下着が奇麗になったってことではありませんよ もう,限界 今度の週末 カメラ散歩に行く 雨でも行く オリンパス 防塵防滴の真骨頂発揮である 実はニコンの中級機以上 ことさら謳ってはいないが やはり防塵防滴なのだ けっこ…
コメント:0

続きを読むread more

なぜ人は学ぶのか

大学生のころ アルバイトで教えていた塾 「先生、なんで勉強なんかしなくちゃいけないんですか?? ちょっとキュートな中三女子 ポニーテールの山沢さんに訊かれた 「それはね、君のなかに眠っている宝石を輝かせるためなんだよ なんて 今でもよくわからない玉虫色の解答をした 赤面ものだ なんかエロも入って…
コメント:0

続きを読むread more

終のモノども

今使っているモノ 身に着けているモノ ともに暮らすモノ おそらく死ぬまでそばにあるモノ そう思うと大切だ おそらくいまのセット PINGのクラブ ヨネックスのL字風 は変わらなくあるだろう セイコー・ダイバーズ ロレックス・オイスターパーペチュアル・デイト パ…
コメント:0

続きを読むread more